MRAとは

MRAとはみなかみ町一般社団法人アウトドア連合会 水上ラフテイング協会(アソシエーション)の略です。群馬県水上町の利根川で商業ラフティングをするラフティングの組合です。組合メンバーはラフティングカンパニーのオーナー達とベテランガイド(インストラクター)達です。ラフティングの普及と安全性向上のために結成されました。ラフティング部に所属していない会社はありますが、所属していないとラフティングを行うことはできません。

2014年度 MRA

2014年組合長

狩野 淳

0278-72-3372

2014年副組合長

橋本 学

0278-72-4844

▼以下はMRA規約(2002年度)より抜粋したものです▼

目的

スポーツとしてのラフティングを広く普及させると共に、自然と触れ合う事によって自然の大切さを啓蒙していくこと。

ラフティングの安全性の向上と業界の発展を目的とし、地元と協調して水上町の観光の発展に寄与することを目的とする。

事業

ラフティングや川使用に関するその他の団体や組織と連絡を取り、利根川適正利用推進協議会を通して交渉を行うこと。

プロのリバーガイドとして最も高い基準を促進し、利根川リバーガイドの認定を行う。 装備や安全の基準を確立し、維持していくこと。

ラフティングの運営において、安全性の向上及び技術・知識の普及を図るための研修または情報の提供を行うこと。

組合員は、河川事故・水難事故に際しては、消防・警察と積極的に協力していくこと。

その他目的達成に必要な事業。


友達に教えよう!

必ずお読み下さい